化粧水の選び方で毛穴レスになる方法

毛穴レスななめらか美肌になるには、まずスキンケアの基本の保湿が大切です。
肌の基礎的な保湿といえば化粧水ですが、皆さんはどんな化粧水を使っていらっしゃいますか?

 

オイルフリーでしょうか。それとも美容成分がたっぷり入った化粧水でしょうか?どんな化粧水を選んだとしても、いちばん大切なのは“自分の肌に合っているかどうか”ですよね。

 

乾燥肌、混合肌、脂性肌などの肌質はもちろん。毛穴に対する悩みの種類でも化粧水の選び方は変わってきて当然です。

 

化粧水の選び方を基準になる肌質や毛穴に対する悩み別にみて行きましょう。

肌質で選ぶ化粧水の違い

肌質も個人差がとてもあるので、その型に合わせたスキンケアをしなければなりません。
そういったときに肌質や年齢を考慮した化粧水選びが大事になるんですね

 

乾燥肌

乾燥肌の場合は、やはり保湿力が高い化粧水を選ぶのがいちばんです。

 

昔はオイルが結構な割合で入った、油膜を作って保湿するような化粧水もあったそうですが、最近ではヒアルロン酸やプラセンタなど肌を細胞レベルで保水出来るように導く成分が入っているものが多くなってきています。
オイルフリーの化粧水はどうしても、保湿した後に乾燥が始まってしまって、逆にカサカサしてしまうように感じる場合もあるので、乾燥肌の種類によっては、テクスチャーがしっとりしているような“いかにも保湿してくれそうな化粧水”が人気です。
乾燥肌の方が選ぶ化粧水は、やはり保湿そのものも大切ですが、その後の保水力が決めてになるのではないかと思います。

脂性肌

脂性肌は、やはりテクスチャーがさらっとしていてベタつかない化粧水が好まれますが、これは表面的な脂性に感じる皮脂量の多さが、本当に脂性から来ているかどうかを見極める必要があります。

 

オルビスさんが有名ですけど“隠れ乾燥肌”っていうキーワード的なものですが、実は表面的なベタつきが、本当は内部が乾燥している肌から来ていて、肌が生理反射的に保湿をしようとして、皮脂をたくさん出しているという現象で、内部は乾燥しているのに表面はベタつく感じがしてしまうというものです。

 

これは、本当は保湿が必要なのに、ベタつきがイヤで洗顔を一生懸命頑張ってしまって、そのせいで肌は乾燥を感知して、どんどん皮脂を出す→洗顔→皮脂がどんどん。。。という悪循環に陥ってしまう危険性をはらんでいます。
こういった負の連鎖を防ぐには、自分の肌環境がどうなっているのかを知る事が必要で、それを踏まえた上で“作戦を立てる”必要があります。もし生活習慣までさかのぼって考えてしまうと鉄分が足りていない食事も関係してくるかも知れませんし、表面的な保湿で済むなら、それはそれで良い事ですし・・・といった具合です。
少なくとも、スキンチェック(肌環境を内部から知る事が出来る)は受けてくる価値があるんじゃないかと思います。

混合肌

混合肌は、悩んでいる方ならご存じの通りですが、季節やタイミングによって肌質が揺らいでしまって、例えば湿気が多い夏なら脂性、乾燥する秋〜冬は乾燥、生理中だと乾燥肌、終わるとベタつき。。。といった具合で、まるでジェットコースターのように目まぐるしく変わってしまう肌環境を指します。

 

いちばん問題なのは肌質が一定しない事で、今日と明日では感じる肌の状態が真逆と言う事もあり得るのが悩みの種です。

 

ただし、こういった肌の方は根本的に食生活で栄養バランスが乱れている場合もありますし、一時的に精神的なストレスや身体の受けているストレスで、そうなっているケースもあります。

 

揚げ物を食べたり、抗酸化物質で美容に良いからと言ってココナッツオイルなどを良く使っておられる方は注意が必要な可能性があります。ただし、どちらにしても肌質が安定しない事に関してはスキンチェックでBA(ビューティーアドバイザー)さんに相談してくるのが良いでしょう。
化粧品メーカーのスキンチェックを受けると化粧品を勧められてしまうのが。。。という方もおられると思うので、そういった方は皮膚科の先生に相談を持ちかけてみるのがいちばん確実な解決方法と言えます。

毛穴の悩みの種類から見る化粧水選び

つまり毛穴のニキビ毛穴に最適な化粧水

“つまり毛穴”と“ニキビ毛穴”は洗顔後の保湿ケアが最も大切です。

 

先ほどの脂性肌の部分でもご紹介しましたが、肌が基底層で乾燥していると、その分保湿しようとする生理反射で、皮脂がたくさん分泌され、メイク汚れと一緒になって毛穴に詰まってしまったり、それが最終的にはニキビ、または吹き出物などになってしまうというケースが最も大きな可能性として考えられます。

 

やはり、保水力を高める化粧水選びが肝心と言えるでしょう。ヒアルロン酸ナトリウムを含んだ化粧水が良いと言われるのは、ヒアルロン酸がたったの1gで6リットルの水分をまとめて溜め込む力があるからです。

 

肌の内部感想に悩んでいる方には、もっともおすすめしたい化粧水がヒアルロン酸を含んだ化粧水と言える理由が、この保水力なんですね。

たるみ毛穴や帯状毛穴に最適な化粧水

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が、加齢によって少なくなってくると、肌のハリが少なくなって来ます。
誰もが感じる老化現象のひとつなので仕方がない部分でもあるのですが、出来る限り抵抗出来た方が良いですよね。

 

これはターンオーバーサイクルが乱れてくる女性ホルモンの分泌量とも関係があるので、大豆イソフラボン(女性ホルモンのエストロゲン様物質とも言われています。)を摂るような食生活も重要です。

 

もう一つ老化を早めてしまう理由のひとつが活性酸素です。こちらは抗酸化作用が高いコエンザイムQ10などの補酵素や酵素ドリンクなどで成長因子でもあるプラセンタを補給するのがもっとも効果的と言われています。