白い毛穴はどうしたらいいの?

お肌の悩みがない人がいないくらい、実に様々なトラブルが気になります。

 

たるみやシミ、しわなども多くの方が一度は悩んだことがあるかもしれません。

 

しかし、年齢や紫外線などが原因となってしまうと、根本的に治すのは難しいと諦めがちです。
そんな目に見えてわかる肌状態のほかにも、ちょっと違う、
以前と肌質が変わってきたというような場合でも、
早めにケアすると元に戻せる可能性が高くなります。

 

特に肌の状態を良く表すのが毛穴です。肌の乾燥や弾力不足、
疲れや栄養不足でも毛穴は開いたり、ゆるんだりしますし、
黒ずんだりもします。毛穴は肌呼吸の一番外側ですので、
皮脂や水分の入り口でもあり出口でもあります。

 

そのため、肌の中の状態が顕著に出てしまうのです。
黒ずんでしまうのは過剰な皮脂が詰まっていたり、
洗顔がしっかりできていなくて汚れたままのことが多いです。

 

毛穴の黒ずみはよく聞くトラブルなので調べると対策もわかりやすいです。
しかし、黒くはなく白い場合もあります。
一見、肌の色と同じようなので見つけにくいのですが、
よく拡大などして毛穴を見ると伸びていることがあります。
目立ちにくいために、気づいたころには結構たまっているということも多くあります。

 

白い物体の正体は角栓という皮脂汚れと古い角質の混ざったものです。
角質だけが残っているなら、ターンオーバーの遅れとなりくすみにもつながります。
そこに皮脂が絡まると肌呼吸にも悪いですし、
角質自体も酸化してしまうので、より汚れの度合いが強くなります。

 

つまりの原因にもなるので、行き場を失った皮脂が肌の中で
トラブルを起こすことにもなります。白い毛穴汚れは古い角質の
ターンオーバーがうまくいかないことと、皮脂の分泌トラブルの両方が
起こっている証拠です。これを放っておくと、肌の外でも内側でも新たなトラブルが起きてしまいます。
つまり、深刻な肌トラブルの前兆なのです。
ですから、見つけたら早めにケアしていくことが重要なのです。
洗顔で毛穴まで入り込むような成分で汚れを落とし、
皮脂分泌やターンオーバーを整えましょう。基本となるのは潤いですので、
保湿もきっちり行いましょう。

 

また、肌の新陳代謝に有効なビタミンやミネラル類もバランスよく
食事から摂るようにしましょう。スキンケアだけではなく、
生活スタイルを見直すことも大切です。毛穴レスなお肌になるだけでも見た目もつやがあり、明るい健やかな印象になります。