毛穴を閉じるビタミンC誘導体の働きは?

毛穴が目立たない透明感のある素肌を作っていくのに、ビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液が高い効果を発揮してくれます。

 

その理由はビタミンCもともと持っている高い抗酸化力はそのままに、栄養素として肌から吸収されて体内に入った時に働くようにする事ができる“誘導体”という形になった事によるものなんです。

 

今や、その効果はとても有名で、美容外科や皮膚科、高級エステなどでも独自開発した、ビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液を施術に使ってして、販売もしているほどです。

 

ビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液が毛穴を閉じる効果が期待出来る理由は、紫外線によって刻一刻とダメージが蓄積(酸化)していく角質層の表面から活性酸素を追い出す働きがあるからです。

 

なぜ、活性酸素が肌に存在すると毛穴が開いてしまったり、たるんだりするのかというと、紫外線と食生活で体内に溜まった糖質が結びつく“糖化”を防ぐ事で、角質層の柔らかさを保つ事ができるからなんです。

 

角質層の柔らかさを保つことが出来ると、毛穴が必要な分だけ皮脂を分泌して、後は自然と閉じるという本来の働きを取り戻す事ができるんですよ。

 

ただし、ビタミンC誘導体なら何でも良いというわけではなく、水溶性のリン酸型という吸収効率が高い化粧水や美容液を選ぶか、油溶性でクリームなどに使われるステアリン酸アスコビルと呼ばれるタイプのものを使うかを選ぶ必要があります。

 

乾燥肌で刺激に弱い方にとっては、先ほどの両者では後者のクリームタイプのビタミンC誘導体を使われる事をおすすめします。

 

というのも、ビタミンC誘導体入りの化粧水などの水溶性ビタミンCを含むブースターコスメは、肌のバリア層を通過するためにバリア層を破壊しながら、浸透していくので乾燥肌の方や敏感肌の方が水溶性ビタミンC入りのコスメは乾燥の悪化や肌の揺らぎを大きくしてしまう危険性があるからです。

 

そして、同時に脂性肌でニキビに悩んでおられる方もニキビと毛穴の開きを改善するためには、ビタミンC誘導体入りのコスメはおすすめ出来ません。

 

というのも、脂性肌じたいがもともと肌内部の水分含有率が低いせいで起こっている隠れ乾燥肌という可能性もあるからです。

 

隠れ乾燥肌の方がビタミンC誘導体入りのブースターコスメを使うと、乾燥を悪化させて、却って皮脂の過剰分泌を招いてしまうかも知れないからです。

 

ビタミンC誘導体入りのブースターコスメの化粧水やクリームを使える肌タイプの方は、普通肌で肌の水分含有率が平均値を示している方でないと却って症状を悪化させてしまうかも知れません。

 

自分自身の肌の水分含有率を知るには、化粧品売り場のBAさんに相談するか、もしくは皮膚科の診断を受けるのが確実です。

 

しかしながら、肌の調子によって揺らぎがあるので、本来なら小まめに測定するのが理想的です。

 

そこで、最近ではこんなアイテムも市販されています。

 

ピュアスキンチェッカー

 

こちらの肌の水分量チェッカーは、肌の水分量だけではなく、油分量とのバランスも測る事が出来ます。

 

そして、総合的な判断で、肌のタイプを11段階に分けて結果を表示する事が出来るというものです。

 

最近では、スマホで水分量を測る事が出来るアプリもありますが、それらはただ水分量だけを測るもので、自分が平均値に対してどの分類にあるのかなど客観的なデータとして、自分の肌質を知る事は出来ないという欠点があります。

 

自分の肌の水分量を知るだけではなく、結果としてどんなスキンケアを方法を採るべきなのか、そしてビタミンC誘導体入りのブースターコスメを使うべき状態なのかを知る事が出来なければ、ただ水分量だけ測定しても意味がありません。

 

コスメジプシーなどという、なにを使えばいいのか分からないコスメ迷子はちゃんと根拠がある方法で抜け出す事が出来るんですね♪

 

自分の肌質を客観的に把握して、コスメ迷子を抜け出しましょう。そして自分に最適なコスメをきちんと選ぶことでキレイな自慢できる肌を手に入れて下さいね。