毛穴とビタミンCの関係

毛穴とビタミンCの関係

毛穴レスのキレイ肌を目指して行くにはビタミンCと毛穴の関係を学んで行く必要があります。

 

というのも女性で顔の小鼻やTゾーン、頬などの毛穴が目立ってきて悩んでいる方は
男性ホルモンの量が多かったり、女性ホルモンのバランスを崩している方が多いんです。

 

男性ホルモンが多いと、皮脂腺が多くなり、毛穴から汗をかきやすくなり、一方で女性ホルモンが男性ホルモンの影響を受けてしまいます。
汗を書く汗腺が多くなり、その毛穴が詰まって目立ってくるために、毛穴がどうしてもきになるという流れなんですね。

 

毛穴をたるませたり目立たせたりしてしまうのは紫外線やメイク汚れなど様々な要因があります。

 

ですが、その前にビタミンCが毛穴に対してどんな関係があるのか、どんな影響を及ぼすのか一緒に見てみましょう。

毛穴目立ち予防になぜビタミンCが必要なの?

毛穴が目立つ状態になってしまう原因としていちばん大きな理由が、
年齢によって角質層の一番奥に存在するエラスチンとコラーゲンによる網目状の組織が硬くなって弾力を失ってしまう事が上げられます。

 

さらに、肌表面に紫外線やメイク汚れの取り残しなどが刺激として加わると、表面に近いところに存在するセラミドも酸化して弾力を失ってしまうんです。

毛穴とビタミンCの関係

この二つの理由の共通項は“酸化”です。

 

特にこちらの写真のような強い日差しは要注意です。
というのも紫外線が持つ活性酸素は肌を強く酸化させてしまますからね。

 

それは活性酸素による肌へのダメージとして蓄積されるもので、活性酸素を還元(無力化)させる事が毛穴目立ちの予防につながるんですね。

 

活性酸素を還元するにはビタミンEが必要なのですが、ビタミンE自身も活性酸素を還元する事で
フリーラジカルという活性酸素に近い物質に変質してしまうので、それを元のビタミンEに戻してあげるためにビタミンCが必要になります。

 

つまり、ビタミンCとビタミンEは両方とも同時に必要で欠かす事は出来ないものなんですね。

 

良く、化粧品のCMや健康食品のCMで、当社のはビタミンCがこれだけ入っているから・・・なんていう事を聞きますけど、実際にはそれだけではほとんど意味が無いんです。

 

それと同じように、ビタミン類だけではなく、老廃物を排出するためのカリウムや、
腸内環境を正常に保つための食物繊維(ここについてはまた別のページでお話しますね。)も必要です。

 

肌を毛穴レスなキレイ肌に導くには“これだけがあれば大丈夫”なんていう単独なものは無いと言えると思います。