ターンオーバー周期を正常に保つコツのまとめ

ターンオーバーの周期を正常に保つ事が美肌を作るというのはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、そもそもこんな疑問が浮かんできませんか?

 

  • ターンオーバー周期って何が正しい状態なの?
  • ターンオーバー周期が早いとどうなるの?
  • ターンオーバー周期が遅いとどうなるの?
  • ターンオーバー周期を正常に保つコツってあるの?

 

といった部分で疑問が出るのは当然だと思います。

 

実際にターンオーバー周期は目に見えるものではありませんから、自分の肌の状態がどういったターンオーバー周期になっているのかを知る事から始めなければ間違った対策をしてしまう事もあり得ます。

 

そこで、このページでは『ターンオーバー周期の正常化』というテーマで一緒に詳しく見ていきたいと思います。

ターンオーバー周期が正しいのはどんな状態?

ターンオーバー周期は、体の部位によって違ってきます。

 

最短で28日(4週間)〜長い部位でも56日が正常と言われています。

 

部位によってもこの周期の日数は変わってくるのですが、顔や首筋、頭皮などは比較的早く、約4週間と言われています。

 

その逆に、足や指先など比較的遅い部位では、約2ヶ月ほどという事になるそうです。

ターンオーバー周期が早いとどうなるの?

ターンオーバー周期が早すぎると、肌が荒れやすくなります。

 

これは、まだバリア層が育っていない(免疫力が低い)新しい肌細胞が表面に出てきてしまうことによります。

 

どういう事かと肌は4つの層からなっていて、より真皮に近いところから順番でいうと

 

  • 基底層
  • 有棘層
  • 顆粒層
  • 角質層

 

という順番になっているのですが、奥の真皮に近ければ近いほど細胞は新しいという事になります。

 

まだ、生まれて間もない新しい細胞が表面に出てきてしまう状態になるため肌のバリア機能が低下してしまうんです。

 

そうなると、ほんの少しの刺激にも敏感に反応してしまう『揺らぎ肌』になってしまいます。

 

この部分については、肌表面の常在菌とも関わりがあるため、また後程一緒に見ていきたいと思います。

ターンオーバー周期が遅すぎるとどうなるの?

ターンオーバー周期が遅すぎると、肌の乾燥がひどくなります。

 

これは、水分が残っていない古く角化した細胞が残ってしまうことで起こる現象です。

 

ターンオーバー周期が遅すぎると肌が乾燥すると言いましたが、これは肌荒れにもつながります。

 

というのも、水分量が低下した肌は、表皮の常在菌の中でも『美肌菌』と呼ばれる表皮ブドウ球菌が繁殖できない環境になるからです。

 

余談ですが、お酒を造る『酒蔵の杜氏(とうじ)さんは手や肌がキレイ』というのはご存知ない方が多いと思いますが、これは肌の表面で古くなった角化細胞を分解して垢(アカ)にしてくれている常在菌が育ちやすい環境にいるためなんですよ。

 

ですが、私たち一般人がそんな環境に身を置くことができるわけはないので、最近では『発酵美容液』や『発酵化粧水』というのが『肌の菌活』として注目されているんですよ。

ターンオーバー周期「を正常に保つコツ

ターンオーバー周期を正常に保つコツとしては、やはり保湿と蒸発防止、そして肌表面の菌活という事になると思います。

 

これには、生活習慣や普段のスキンケアが両方ともかかわってきますので、遅い場合と早すぎる場合の両方に分けてみていきます。

ターンオーバー周期が遅い場合の対策

ターンオーバー周期のペースダウンは、年齢による要素が大きいので、あきらめてしまっている方が多いのも事実です。

 

しかしながら、次の対策を実践することで、改善することができるんですよ。

 

  • 朝の洗顔は洗顔料を使わない
  • 夜のクレンジングはゴシゴシしない
  • 夜の洗顔後は保湿&蒸発防止を心がける

 

実は、この3点を実践するだけで、肌に透明感が戻ってきたという方もたくさんおられるんですよ。

 

これは、洗顔を見直す事で肌の菌活ができたためです。

 

表皮の常在菌には肌の表面に古くなって残った角化細胞を分解する役割もあります。

 

すべての人がこれに当てはまるというわけではありませんが、もし先ほどの対策の真逆のスキンケアをしてしまっている心当たりがある方は、少しの見直しで劇的にすべてが変わることもあるかもしれません。

ターンオーバー周期が早い場合の対策

ターンオーバー周期が早い方は、肌が荒れやすいため、やはり保湿と蒸発予防で肌のバリア層が不充分なところを補ってあげる必要があります。

 

ターンオーバー周期が早いこと自体は決して悪いことではありません。

 

問題は肌のバリア機能が充分に働けない状態であることなので、足りないバリア機能を補ってあげればよいわけです。

 

肌のバリア機能は、乾燥によって衰えるので、保湿と蒸発防止が大切です。

 

睡眠不足や睡眠の質なども見直してみると、肌のバリア機能が上がりますよ。

ターンオーバー周期を正常化して美肌になろう!

ターンオーバー周期を正常化するコツをまとめました。

 

朝の洗顔を洗顔料を使わない
夜のクレンジングはゴシゴシこすらない
夜の洗顔後のスキンケアは化粧水&蒸発防止

 

また、ターンオーバー周期が早い方の場合には

 

充分な量の睡眠も取るようにしたいところです。

 

また、どうしても睡眠時間がたっぷり取れないことがわかっているときは、睡眠の質を上げるために次のことを試してみてください。

 

  • 寝るときは部屋の電気を完全に消す
  • スマホを目覚まし時計代わりに使わない
  • 休日もできるだけ早起きする

 

これらの睡眠不足の対策も良いと言われています。

 

出来るものからでも良いと思いますので、お試しされてみてはいかがでしょうか。