毛穴が目立ちやすい地域ってどういうこと?

相変わらず、夏に狂ったような暑さになるので、辟易(へきえき)されている方も多いんじゃないでしょうか。

 

2013年に、四国の高知県四万十市で史上最高気温の41.3度を記録したのは記憶に新しいと思いますけど、そのうち地球温暖化がどんどん進んでいくとわたし達の何代か先の子孫の頃には、今の史上最高気温が平均気温なんて言う事にもなっているかも知れませんね。

 

こんな“うだるような暑さ”で気持ちも身体もやられてしまう毎日ですけど、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

わたしは暑さにはめっぽう弱いので、毎日アイスのように溶けています。笑

 

ところで、つい最近の話なんですけど、毛穴が目立ってしまう地域というのが話題になったのはご存じですか?

 

どういう事かというと、この暑さで温められた空気が地形の影響で、吹き降ろしの熱風になったり、盆地で以上に気温があがったりすると、そのせいで肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンが緩んでしまったり、熱風で、逆に乾燥して(汗をたくさんかいているのに)毛穴が広がってしまうそうなんです。

 

かと言ってずっと室内にいるのも空調がきつかったりしますから、適度に身体が冷えすぎないように上手にやり繰りしたいものですね。

 

熱風や空調のキツイ乾燥にやられて広がった毛穴は、自宅に帰ったらしっかり冷やした化粧水で保湿しながら引き締めるのがいちばんの対策になると思います。

 

化粧水は、ご存じの方も多いかも知れませんが、収斂作用と言って炎症や乾燥を鎮めてくれる働きを持っていますから、昼間の紫外線や熱風にやられた肌をいたわってあげましょうね。