ローズヒップの実が毛穴にすっごく効果ある?

ローズヒップオイルは毛穴の開きを改善することができることをご存知でしょうか。

 

ローズヒップという植物は、バラ科の植物で基本的に実の部分を使われることが多く、
ビタミンCの含有量はレモンの約20倍以上といわれています。

 

 

夏は汗をたくさんかき、冬は乾燥するので人間の肌に水分量は不足しやすいです。
必要な水分が奪われると、乾燥を防ぐために皮脂がいつもよりたくさん分泌されます。
過剰分泌した分は毛穴に残ってしまうので、角栓となって押し広げられてしまいます。

 

ローズヒップオイルにはリノレン酸とリノール酸が豊富に含まれています。
これらは細胞を正常に保つ必須脂肪酸で、細胞膜が水分をしっかりと溜めることができれば、
肌の潤いも守られます。また角栓を溶かす作用もあり、
毛穴の周りをふっくらと柔らかくさせるので、きめ細やかな肌になります。

 

メイク乗りが良くなり、毛穴を無理に隠す必要がないので、
忙しい朝の時間をメイクにばかり費やすこともありません。

 

使い方は夜メイクを落として洗顔した後に、化粧水を塗りオイルを
3滴〜4滴垂らして肌に浸透させるだけです。その後乳液やクリームを重ねます。

 

翌朝は通常通りの洗顔をして、浮かび上がった汚れを落とします。
メイク落としで肌にダメージが加わるのが心配な人は、クレンジングオイルとして使うのが適しています。

 

乾いた顔に手で10円玉より少し大き目くらいのオイルを塗ります。
頬や鼻は角栓が詰まりやすいので、小さい円をクルクルと念入りに描き、
ぬるま湯で洗い流します。そしていつも使っているクレンジングオイルを
少なめに取って、ローズヒップオイルと混ぜて同じように顔に小さな円をたくさん描きます。
ピーリングのように物理的に角質層を剥がして汚れを落としているわけではないので、
敏感肌の人も安心して実践できます。

 

またローズヒップはハーブティーとしても人気があります。
毛穴を小さくするビタミンCがレモンの20倍も含まれているので、
ハーブティーとして飲んでも美容効果を得られます。
ビタミンCを有効に摂取するには、たくさん含んでいる実を一緒に食べるのが良いです。
実を食べるのが苦手な場合は、残った茶葉や実を砂糖やはちみつで
煮詰めてジャムを作ると良いです。
酵素やビタミンPによって熱を加えてもビタミンCが破壊されないので、
内側から毛穴ケアができます。

 

農園で栽培したものは収穫しやすいように密集させて育てます。
しかし実際は大自然の中でまばらに成長することで、1本の木に多くの栄養を蓄えることができます。
よってローズヒップティーを選ぶ時は、野生のものを収穫しているかが基準となります。