毛穴を閉じる方法その@レチノール

レチノールという成分を皆さんは知っているでしょうか。

 

レチノールという成分は、毛穴ケアに効果的だったり、毛穴を引き締める働きがあると聞いたことがあるかも知れませんよね。
このレチノールという成分は少し前に毛穴に対してとても有効なものだと話題になった事があります。

 

今はそれほどでもないようですが、実はレチノールはビタミンAの別名で、粘膜再生と保護の役割を持つ栄養素である事から、一時期その効果が期待されて美容外科などでも“ビタミンA誘導体”という肌に浸透しやすく、毛穴を閉じさせる働きがあると言われる“レチノイン酸”美容皮膚科で処方してもらう方がたくさんおられました。

 

最近では、DHCの薬用レチノAエッセンスというクリームは、人気のスキンケアクリームで、ドラッグストアなどでも市販されているのですが、効果に関しては口コミを見る限りで{効く}4:6{効かない}という意見のようで、効果を感じている方がいないわけではありませんが、微妙なところのようです。

 

レチノール入りの化粧品は、効果がなかったと感じている方は使用を始めてすぐに、肌がガサガサになって慌てて使用を中断したという方が多く、効果を感じる方はそういった不具合をまったく感じておられないようなので、どちらにしても肌の状態の個人差に左右されるものという事は言えそうです。

 

ちなみに美容外科で処方されていた当初のレチノイン酸は、使い始めると使用量や濃度によっては、肌が赤くなったり、皮がむけるというトラブルに見舞われてしまった方もおられるようです。

 

自己判断で使い続けると色素沈着を起こしてしまうこともあるので、医師の指示に従って使用量や使用法はきちんと守って使う必要があるようですね。

 

レチノールだけ含まれているケア商品よりも、まずは自分の肌の状況がどういったものなのか、そしてそれに合うスキンケアや化粧品、ファンデーションの選び方が間違っていないかを
まずはしっかりと知る事が大事な事なんです。