夏の日焼け跡なかった事にするケア

の強い日差しで受ける紫外線ダメージは肌を確実に老化の方向へと向かってしまいます。
しかしながら海水浴や夏のスポーツなどついつい紫外線ケアを怠ったり、時間が経ってケアが不充分だったりする事は
きっと誰もが一度は経験しているのではないでしょうか。
ただの日焼けだと思っていても、肌のやけどである以上はアフターケアが治療の意味でも今後の肌状態を左右するほど
大事なものだという感覚を持っている方は意外に少ないんです。

 

くっきりと付いた水着の跡や、お風呂に入る時にしみてしまうくらいの日焼けを体感するたびに後悔してしまいます。

 

そんな夏の日焼け跡をなかった事にするケアの方法を紹介します。
まずは日焼けあとに気をつけなければならないけれど意外に忘れがちな重要なポイント。

  • 日焼けあとを冷やす
  • 保湿する
  • しっかりと水分を補給すること

この3つのポイントは当たり前だと思っていても欠かさずやっているという方は少なく、
日焼け跡が目立つようになってからどうしようと悩む方がおられます。
まずは、日光をたくさん浴びた場合は、この3つのポイントを忘れずにお肌のケアを行うようにしましょう。
出来れば完全に夏の強い日差しは避けたいものですが、楽しい夏の解放感を満喫するには、いちいち気にしていられないのも事実ですよね。

 

解放的な気分で紫外線対策を忘れがちですし、日焼け止めをしっかり塗っても完全に避けられる訳でもありません。

 

そんな時の日焼け跡をどうしても避けられない時にでも、ケアの仕方によっては日焼け跡をなかった事にする事が出来る方法があるんですよ♪知ってましたか。

 

そんな便利な日焼け跡のケアの方法は、緑茶の湿布をする方法や、ポテトパックをする方法とかがあるんです。

 

しかもそれらの日焼け跡のケアは24時間以内にやると効果絶大で、日焼け跡をなかった事にも出来るくらいなんだそうですよ♪

 

ポテトパックの作り方

ポテトパックの作り方と言っても本当に簡単です♪首筋の日焼けあとに塗るくらいなら、ジャガイモが半個くらいあれば充分です。

 

  • 生のジャガイモを半分、厚さ3mm程度にスライスします。
  • それを一枚づつフードプロセッサーに入れながらペーストを作ります。
  • ペーストの固さは固形物が完全になくなるくらい。

 

塗ったポテトのペーストが渇き始めてきたら、冷たい水でキレイに洗い流して終了です♪

 

洗い流す時に冷たい水を使うのは、まだ僅かに残っている肌の微妙な炎症を鎮めてあげるためです。

 

その後は、化粧水を塗るだけなので、普通のお風呂上がりと同じです。

 

こんなに簡単な夏の日焼け跡のケアで、日焼け跡をなかった事に出来るなんて楽チンですよね。