メラニン色素の生成を防いで毛穴レス美肌

メラニン色素と聞くと、ほとんどの方がわかると思うのですが、具体的にどういったものなのかと聞くと
多くの方が答えられなかったりもします。
しかし、美肌へのアプローチとしてもメラニン色素は、大敵だと言われているようにちゃんとケアしなくてはならないものでもあるんです。

 

このページでは、そんなメラニン色素を詳しく解説していきます。

 

メラニン色素って何

 

 

メラニン色素って要は日焼けでしょ?


 

良くメラニン色素が生成されると毛穴の黒ずみにつながるし肌が全体的にしずんで暗く見える...って言われていますよね。
もちろんメラニン色素が生成されるのは紫外線の影響な事は皆さんもご存じの通りですけど、
それ以外にもメラニン色素が生成される部分と原因があるって知っていましたか?
実はわたしも詳しくは知らなくて、「要は日焼けでしょ?」ぐらいに思っていました。
でも毛穴の黒ずみもメラニン色素が関係してるって聞いてビックリです。

 

では、メラニン色素についてわたしなりに勉強してみました。少しの間お付き合いください。

 

実は立派な働きをしてるメラニン色素

紫外線を浴びると生成されて日焼けの原因になる事が有名で、それは皆さんご存じの通りです。ですが何故、紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されるのでしょうか?それは、メラニン色素が生成される事によって表皮の奥にある真皮の部分にまでダメージが届かないようにするためです。もしメラニン色素が生成されないとどうなるかご存じですか?

 

実はとっても怖い事になるそうです。まず真皮まで紫外線によるダメージが届いてしまい、炎症や水ぶくれなどやけどの症状がすぐに出てしまいます。さらに紫外線は、わたし達人間の肌にある角質細胞のDNAをこわして行き、最終的には皮膚がんになってしまうんです。

 

シミの原因になるとして「嫌われもの」の感があるメラニン色素ですが、実はわたし達人間にとってとても大切な「防御壁」の役割を果たしてくれているんですね。

毛穴の黒ずみもメラニン色素が原因?

毛穴の黒ずみに関しても、実はメラニン色素が生成される事で発生しています。この場合のメラニン色素生成は紫外線がきっかけではなく、毛穴から分泌されている皮脂が酸化する事によって過酸化脂質と云う物質が生成されます。それが皮膚に刺激を与えて老化を早めてしまうんだそうです。それを防ぐ防御反応としてメラニン色素が生成されて毛穴のフチ(肌)を守ろうとするんですね。

 

ここでももしメラニン色素が生成されないと老化した角質細胞からどんどん水分がなくなって行き「ひび割れ」が始まり、最終的には肌全体にまで「ボロボロとしたひび割れ」が広がって行ってしまうそうです。最早、毛穴の黒ずみやシミどころの騒ぎではありませんよね。

生成されたメラニン色素の黒ずみは治らないの?

そこで気になるのは一度メラニン色素が生成された事で黒ずんでしまった毛穴は元には戻らないの?ですよね。どうぞご安心下さい。^^
もちろん元には戻って行きます。ただし角質層のターンオーバーによって肌全体の再生が進む速度に応じてという話になってしまいます。

 

もちろん美白化粧品に含まれている成分にも(ビタミンC・アルブチンやコウジ酸なんかです。)メラニン色素の生成を防ぐ効果があります。しかし生成されてしまったメラニン色素を元に戻す効果ではないので、あくまでもメラニン色素の生成を防ぐ。という予防的な捉え方をした方が良さそうですね。

それでも黒ずみ毛穴をなんとかしたい!

もう一つ「ハイドロキノン」と云ってこちらは漂白剤的なメラニン色素の還元効果で出来てしまったメラニン色素を元に戻す効果がありますが、メラニン色素の還元過程で肌が荒れてしまう場合があるので、あまりオススメは出来ません。元々ハイドロキノンは天然で存在するものではありますが、写真の現像をしている人が手が白くキレイになった事が発見のきっかけだったと言われるものなので、やはり薬品として捉えるのが良いでしょうね。

やっぱりメラニン色素を生成させないのが一番の方法?

これまでの紹介でわたしもかなり勉強になりました。やはりメラニン色素は生成させないのが一番の方法ですね。つまり毛穴の詰まりの原因になる皮脂・メイク汚れはその日のうちしっかり取り除いて、保湿をちゃんとやって、ビタミンC・など栄養バランスを考えた食事をしっかり摂る。これが一番の方法です。^^

 

ローマは一日にしてならずとは言いますが、毛穴レスの美肌も一日にしてならずと云う事ですね。やはり毎日の毛穴ケア、洗顔やクレンジングをしっかりするのが一番の近道という事でしょうか。^^;

 

ただし、洗顔やクレンジングなどは肌へのダメージを与えるようなものではなく、たっぷりと優しい泡で、かつ毛穴の汚れや皮脂などをちゃんと必要なだけ洗い落とすことが
できるタイプの商品を選ぶ必要性があります。

 

洗浄能力が高い洗顔やクレンジングはかえって毛穴を目立たせることにもなるので正しい選び方をしてくださいね。