開いた毛穴を閉じる方法

顔の毛穴というのは温度によって閉じたり開いたりを繰り返す機能をもっています。
汗や皮脂の出口というイメージが強く、多くの方がそういった認識をもっておられます。

 

まずは毛穴のそういった機能がどう働くのかを確認していきましょう。

 

もう一度“毛穴が開くメカニズム”をおさらい

わたし達の肌は毛穴の出口のすぐ近くにある皮脂腺から分泌される皮脂とアポクリン腺・エクリン腺という2種類の汗腺から分泌されている汗とで出来ている「皮脂膜」によって守られています。これは天然のクリームとも言われるもので、これがないと乾燥によるひび割れや外部からの細菌の侵入を許してしまいます。

 

この皮脂膜が大切なものなのは皆さんご存じの通りですが、問題はこの皮脂膜にメイク汚れ、または皮脂膜の中でも役割を終え古くなりつつあるものが混ざり合って毛穴に詰まってしまう事が「毛穴開きの原因」です。

毛穴に詰まる汚れを取り除くだけでは毛穴は閉じない?

この皮脂と汚れが混ざり合ったものが毛穴に詰まって角栓になって行くのですから、それを毎日ちゃんと取り除いてあげれば毛穴は閉じるんじゃない?と思うかも知れませんが、実はそうでもありません。毎日の洗顔やクレンジングなどは“ぬるま湯”で行います。その温度も毛穴が開いたままになる原因になってしまいます。なので毎日のケアの後には基本的には必ず「毛穴の引き締め」を行ってあげる必要があるんだそうです。
(ちなみについ最近までは、わたしも“洗いっぱなし”でした。化粧水で保湿はやってましたが.....)

毛穴を閉じるのに炭酸水が有効ってマジっすか!?

なんか「シューイチ」の中丸君みたいな感じのタイトルになりましたけど....実はこれを最初に聞いた時はビックリしました!!だって“炭酸水”ですよ!あの「○○矢サイダー」とか「「キリ○○モン」とかですよ!(○○ってまるで固有名詞を出しちゃいけないみたいな扱いですが....^^;)で改めて調べて見たところ、サイダーとかではなく(そりゃそうだww)純粋な炭酸水。もちろん糖分とかは含んでいない物です。^^これは炭酸水の中の二酸化炭素(シュワシュワの元ですね。^^)が肌のターンオーバーを活性化させるのに効果があるんだそうです。^^

化粧水は化粧水でも....

ちょっと聞き慣れない言葉かも知れませんが、「収斂(しゅうれん)作用」ってご存知ですか?わたしは調べ始めてから知りました。^^;この収斂作用っていうのは、タンパク質を変性させる事で血管や組織を縮める作用の事だそうです。本来は医療用語で、けが人の止血剤として古くから用いられてきたミョウバンなんかが持っている力だそうです。
ただここ数年では化粧水にも「ハマメリス水」って言う成分が入っていて、これが毛穴はもちろんの事、肌全体の「引き締め」を目的に配合されているそうです。
もし良かったらお使いになられてる化粧水の配合成分をチェックしてみて下さい。案外知らずに使っていた化粧水にも含まれていたりしますよ。^^

外側からのケアだけではなく.....

身体の内側からも皮脂の過剰分泌を防ぐって言う意味で「毛穴ケア」は出来るんですよ。^^食生活は毛穴ケアだけではなく美容全般にとても大切なのは最早言うまでもありませんよね。ビタミンAが重要な役割を果たします。このビタミンAは肌の奥にある基底層という角質細胞の一番下の層が行っている「角化」という新しい角質細胞を生み出す働きを助けて、皮膚や粘膜を丈夫にする作用があります。

じゃあビタミンAはどうすれば摂れるの?

体内でビタミンAに変わる「ベータカロチン」がたくさん含まれている食材は「緑黄色野菜」です。^^ニンジン・かぼちゃ・ほうれん草etc....は毛穴ケアのためにも欠かせない食材だったんですね。ちなみにビタミンAは「脂溶性ビタミン」と云って油に溶け出す性質があるので、「バター炒め」なんかは体内の摂取効率が高くなるそうですよ。^^