毛穴パックの注意ポイントを知って効果を最大化

毛穴の悩みを発生させている原因にはいくつかありますが、そのひとつが汚れの詰まりです。

 

皮脂やほこり、またメイクなど、日々の洗顔で落としきれない汚れが毛穴に詰まることで、あるいは詰まった汚れが酸化することで毛穴が目立ってしまうと言うのが、そのメカニズムです。
この状態を発生させないためには、汚れを残さないこと、つまりは日々の洗顔を丁寧に行うことが求められます。
しかしそれでも、完全に汚れを落とすと言うのはなかなか難しいことですし、詰まってしまった、酸化してしまった汚れを洗顔だけで除去すると言うのも難しいことです。
そこで登場するのが、毛穴パックです。

 

パックを利用すれば、毛穴に詰まった汚れ、酸化して固くなり黒ずんでしまったような汚れも除去することが期待できます。
毛穴パックにはふたつの種類があり、ひとつはシートタイプのもので、これは気になる部分に貼り付け、時間を置いた後に剥がすと言う使用方法です。

 

もうひとつは洗い流すタイプで、洗顔フォームのような形状をしていることが多いです。
毛穴をきれいにするためには有効なパックですが、しかしその利用に関しては気をつけなければならない点もあります。
それはどちらのタイプも、肌への負担があると言う点です。シートタイプは剥がすことから、毛穴に物理的なダメージを与える可能性があります。
そしてそれが、黒ずみの原因であるメラニン色素を誘発してしまうことも考えられます。

 

洗い流すタイプの場合は、汚れを吸着するために洗浄力が高いものが多いため、肌の乾燥を招くことも考えられます。
ですから、毎日使用すると言うのは絶対に避けたいことですし、肌が敏感になりがちな時、女性であれば生理前の時などに使用するのも避けるべきです。
洗い流すタイプに関しては、目元や口元などの皮膚が薄い部分にも使用しない方が無難です。
使用に関しては、商品に記載されている使用方法を守ることが大原則です。そしてパックを行った後のケアも重要です。
どちらのタイプも、強めの力で汚れを除去しているわけですから、肌が乾燥し、角質が傷ついていることが考えられます。そのままの状態で放置しておくと、毛穴の悩みがより進行してしまうことも考えられるので、速やかに保湿することが求められます。
できれば低刺激の化粧水を利用するのが望ましいです。そして剥がすタイプに関しては、汚れが除去されたために毛穴がぽっかりと開いた状態になってしまっています。ですから、収れん作用のある化粧水や、抗酸化作用のある成分が含まれた化粧水で、それを目立たないようにすることが必要です。