毛穴を閉じるための基礎知識をもっと分かりやすく!

顔の印象を大きく左右してしまう毛穴が開いて見えてしまう現象。
それだけで老けて見えてしまったり、汚らしく見えたりもするので、なんとしてでも治したいものです。

 

ですが、毛穴が開いて見えてしまうにはいくつかの原因があります。そこで、毛穴が開いて見える原因をグループ分けで原因を分かりすく分解してみたいと思います。

毛穴が開いて見える原因

毛穴が開いて見えてしまう原因は大きく分けて3つのグループに分ける事が出来ます。自分の肌の状態から自分の毛穴の状態がどこに入るのかチェックしてみて下さいね。

過剰な皮脂分泌の毛穴開き

脂性肌または混合肌の方に多いのがこちら皮脂過剰分泌による毛穴の開きです。
皮脂は汗とともに分泌され、皮脂を分泌する“皮脂腺”は毛穴の中にあるため、どうしても毛穴の中に皮脂が詰まってしまって毛穴が開いてしまう原因になるんですよ。
分かりやすい症状としてはこちらのタイプが皮脂の過剰分泌による毛穴開きのグループです。年代的には10代〜20代後半までの方が当てはまるのが一般的です。

  • Tゾーン周辺の毛穴が目立つ
  • 開いている毛穴は丸い形
  • 思春期から目立っていた

加齢によるたるみ毛穴

加齢による毛穴の開きは“たるみ”によるものです。肌がもともと乾燥気味の方に多くみられるもので“たるみ毛穴”などとも言われます。
対策としては保湿がいちばんなのですが、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質や繊維芽細胞などの働きを復活させてあげる事で回復しやすいと言われています。
ちなみにこのサイトの管理人のわたしはこのタイプではないかと思われます。

  • 乾燥肌または敏感肌
  • 頬やほうれい線周辺の毛穴が目立つ
  • 開いている毛穴はしずく形
  • 20代後半から目立ってきた

ニキビによるクレーター毛穴

ニキビが出来てしまった事によるクレーター毛穴は、ニキビの治し方が良くなかったり、ケアを怠っていたりすると出来てしまうと言われています。
お笑いコンビのブラックマヨネーズの吉田敬さんのような“ボコボコした顔”になってしまうとなかなか治ってはくれません。
いわゆる“ニキビ跡”というものなのですが、対策としては肌の自然治癒力を高める方法がおすすめになります。

  • ニキビ肌は人よりも出来やすいかも。。。
  • ニキビがあった部分の毛穴が目立つ
  • 大きく凹んでいる

開いた毛穴は閉じるの?

毛穴は、肌面積の1センチ四方あたりに20個と言われるほどの数があります。
その構造は複雑で、サイズそのものを小さくしたり数を減らす事は出来ませんが、毛穴の開閉をコントロールしやすく導いてあげたり皮脂の過剰分泌が起こらないように食生活を改めるなどする事で、毛穴を目立たないようにさせる事は可能です。

 

このページで紹介した中では、ニキビ跡のクレーターは毛穴ではないので、毛穴ケアで治す事は出来ません。
しっかり治したい場合は、自宅でのケアも大切ですが、美容皮膚科での治療なども視野に入れておくと良いですね。