どんな洗顔方法が毛穴の改善に必要?

毛穴に関するトラブルが発生する原因は様々ですが、
そのいずれにも無関係でないのが洗顔の存在です。

 

つまり洗顔によって毛穴の状態を改善することも、
決して不可能ではないと言うことです。
では、毛穴トラブルを発生させる、進行させる洗顔とはどのようなものかと言うと、
まずはいい加減な洗い方や適当な洗顔料やクレンジングの選び方です。

 

肌の汚れと言うのは、目に見えるものもあれば目に見えないものもありますが、
その状態にしても落とさなければそのまま蓄積されていきます。

 

そしてそれが毛穴を詰まらせれば、空気に触れることで酸化して黒ずみとなり、
毛穴を目立たせる原因にもなります。

 

ですから朝と晩に丁寧に顔を洗うことは、毛穴ケアの基本中の基本であると言えます。

 

水だけで洗い流すだけでも良いのではと思う方もいるかもしれません。
しかし水だけでは、特に皮脂などの油汚れを落としきることは難しいですから、
できれば専用のフォームや石鹸を使用するのが望ましいです。

 

また詰まった汚れはパックで除去すれば良いと考えている人もいるかもしれません。

 

しかしパックは、毛穴への負担を考えるとできるだけ使用しないのが望ましいです。
またたとえパックをしたとしても、詰まって酸化して固くなってしまった汚れを除去するのは難しいことです。

 

ですからそうならないためにも、毎日、汚れを洗い、落とすことが必要です。
ただし、だからと言って肌をごしごしと擦るような洗顔は、逆に毛穴悩みの原因にもなる行為です。

 

たとえば泡立てを顔の上で行っているとか、泡ではなく手で擦るようにして肌を洗っているという行為です。

 

この場合、まずは肌に対する物理的衝撃によるメラニン色素の過剰発生、
そして毛穴の黒ずみを進行させることが考えられます。

 

また肌弾力を構成している成分に対するダメージが発生することも考えられるため、
肌たるみによる毛穴目立ちが出てきてしまうこともあり得ます。

 

顔を洗う際には肌への負担を避けることを心がけ、優しく、丁寧に行うことが求められます。
それから洗顔後にも気を配る必要があります。洗い上がりの肌は、非常に乾燥している状態です。

 

また角質が乱れている状態でもあるため、そのまま放置しておくのは絶対に避けて下さい。
顔を洗った後は、速やかにまずは化粧水を使用して、
肌に潤いを与えることが必要です。そのため入浴の際に顔を洗うと言う方は、
お風呂をあがる直前に顔を洗うことが望ましいです。
パックを使用して潤いを与えると言う場合はこの限りではありませんが、
その場合は、パックの使用時間を厳守して下さい。

 

洗い上がりの肌には美容成分も染み込みやすくなっているので、
肌悩みにアプローチできる成分を含んだ化粧水を使用すると効果を期待できます。