毛穴の黒ずみ|原因と予防法

毛穴の黒ずみというのは、特に鼻などに表れやすく、間違った対処をしてしまうと毛穴じたいが開いて汚れや皮脂などが入りやすくなって
さらに黒ずみの原因にもつながります。

 

そういった毛穴の黒ずみの原因やどう予防したらいいのかなど詳しく解説して行こうと思います。

 

そもそも毛穴の黒ずみの正体とはどういったものがあるのでしょうか。

 

毛穴目立ちが毛穴黒ずみの原因?

毛穴の中に古くなった角質とメイク汚れや皮脂が混ざり合っていくと出来てしまう「毛穴目立ち」。ところがその時点で正しい対処法を採らないと毛穴が黒く見える「毛穴の黒ずみ」へと症状が進行してしまうとの事です。毛穴に詰まった角栓を取り除くのは普段のクレンジングと洗顔次第という事になりますが、毛穴が黒く見えてしまう前に予防できる方法があるそうです♪^^その方法を一緒に勉強してみましょう!

 

毛穴が黒く見える原因はなに?

毛穴が黒く見えてしまう原因はいくつかに分ける事が出来るんだそうです。毛穴レスのたまご肌を手に入れてそれを持続させるためには「毛穴の黒ずみ予防」は絶対にはずせないポイントですよね。^^毛穴の黒ずみを予防するには毛穴の黒ずみの原因を知っておく必要があります。きっと勉強になりますよ♪

 

毛穴黒ずみの原因
1・毛穴に詰まった角栓
これは毛穴目立ちの中でも比較的初歩的なもので洗顔とクレンジングで対処する事が出来ます。ですが、この時点で対処を間違ってしまったりサボったりしてしまうと毛穴が黒ずんで見えるようになってしまいます。
2・皮脂の過剰な分泌
これは、年齢によっても原因は変わって来るとの事ですが、皮脂の過剰分泌は表面的には「ベタつき感・オイリー感」と云ったもので感じられますが、この時点でも正しい対処法が必要なのは角栓と同じとの事です。のちほど詳しく紹介しますね。
3・メラニン色素
メラニン色素はご存じの通り「日焼け」によって作られてしまうものですが、紫外線以外にもメラニン色素が作られてしまう原因があるそうです。(知りませんでした。汗)
4・埋没毛
これは、産毛などが気になってカミソリで剃る事を続けていて肌が傷つくと起る症状です。産毛には肌を守るという大事な役割もあるので、あまり神経質に処理をすると「埋没毛」を引き起こしてしまいます。
と、このような形に分けられるそうです。これからここで紹介した「毛穴黒ずみの症状別予防法」を一緒に勉強しましょう♪^^

毛穴の黒ずみ原因別の解決法と予防法

1・毛穴に詰まった角栓
普段から毎日の洗顔やクレンジングで角栓の元になる皮脂やメイク汚れ、古くなった角質などは落とせます。でも角栓になってしまってからでは毛穴パックやピーリングなど「別のひと手間」で取り除いてあげないといけません。基本的には保湿と洗顔だけで皮脂と角質は落とせますが、メイク汚れだけは残ったとしても最初は肌色に馴染んでいるので、落とし切れずに残っている可能性もあります。
洗顔とクレンジングはちゃんとやってるのに毛穴が目立ってきたと感じる場合はクレンジングを見直してみると解決できる場合が意外と多いそうですよ。
2・皮脂の過剰な分泌
皮脂の過剰分泌に関しては年齢や食生活によっても変わって来るそうなので、一概に言い切れない場合もあるとの事です。わたしくらいの年齢の女性(わたしは28歳です。)は食生活が関係している例が多いそうです。油っぽい食事を摂る機会が多い方は食生活を見直すのも一つの方法ですね。ただし皮脂の過剰分泌は洗顔のし過ぎや油とり紙を普段から使っている方は、肌が「皮脂が足りないと勘違い」して皮脂の過剰分泌につながる事もあるそうなので、注意が必要ですね。ちなみにわたしがお世話になっている皮膚科の先生の話によると20代〜30代女性の場合は「過剰洗顔」が原因になっているケースがかなり多いそうです。
3・メラニン色素
毛穴目立ちの始まりと言える角栓をちゃんと取り除けていないのに毛穴が気になるという理由で角栓を無理やり絞り出したり紫外線対策をきちんと行えていなかったりすると起るのが「メラニン色素沈着」です。ここまで症状が進んでしまうと「毛穴の黒ずみ」が毛穴に着いた「汚れ」ではなく、毛穴のフチの皮膚そのものが黒ずんで目立つというものなので、治るのに時間が掛ってしまいます。黒ずんで目立っている毛穴の皮膚が角質ごと剥がれ落ちて再生されるまで待たなければいけませんからね.....しかし逆を言えば毎日の洗顔・クレンジングを優しく肌に負担にならないようにする事と紫外線対策がきちんと出来ていればそうはならない症状とも言えるかも知れません。
4・埋没毛
肌表面に出て来ない体毛や産毛残りのことを「埋没毛」といいます。この埋没毛は、顔ならば産毛の処理などを頻繁にカミソリや毛抜きなど肌に負担が掛る方法で処理し続けた結果としてなってしまう症状です。基本的に産毛も含む体毛は肌を外部刺激から保護するために生えているものなので神経質に処理することが既に肌にとって良くはありません。特に毛穴から生えている産毛を抜く事は毛穴からの雑菌の侵入を許す事につながり易いため、「抜かない」のが基本だそうです。それでも気になるという方は専門医のクリニックで永久脱毛を行うのが一番良い方法と皮膚科の先生はおっしゃっていました。ですがお金の面ではも厳しいですよね。と、わたしが返すとそういう場合は、女性用のシェーバーが売られているので、そういったもので産毛処理を行うのが良いですね。と云っておられました。^^

 

毛穴黒ずみの原因と予防法のまとめ

これまで「毛穴黒ずみ」の原因と予防法で代表的なものを見てきましたが、ざっくりとまとめるとこんな感じでしょうか.....

1・角栓の元になる古くなった角質、皮脂、メイク汚れは洗顔とクレンジングで優しくしっかり落としてあげる。
2・皮脂の過剰分泌は食生活で治る場合と過剰な洗顔、特に“ゴシゴシ洗い”や油とり紙の多用によって起こる。
3・メラニン色素沈着は紫外線対策と肌に負担が掛らないように角栓を取り除いてあげる事で予防する。
4・埋没毛は神経質な産毛や体毛処理でなってしまうので、気なる場合でも肌に極力優しい処理を心がける。

こういった毛穴ケアを心がけて行く事で「毛穴レスのたまご肌美人」を手に入れましょうね!