顔のクレーターはどうしたらいいの?

毛穴の悩みは種類、程度共に様々ですが、その中でも最も深刻な症状に該当するのがクレーターができた状態です。

 

毛穴にクレーターができている状態とは、毛穴がボコボコとしている状態、でこぼこや凹凸が目立つ状態のことです。

 

では、どうしてこのような状態に毛穴がなってしまうのかと言うと、まず最も多いのはニキビの存在があります。

 

顔にできるクレーターの原因

顔にできてしまったクレーターには詳しく分類すると3つのタイプが存在します。

  • ボックスタイプ
  • アイスピックタイプ
  • ローリングタイプ

の3種類です。

 

ボックスタイプというのは、クレーターの穴自体が4mm以上という割と大きなもので、
底の部分がふらっべたいので目立ち、一番気になるタイプともいえます。

 

アイスピックタイプは、穴自体は2mm以下の小さなものと言えるのですが、まるでアイスピックのように鋭く
肌の表皮だけではなく奥深くまで突き刺さっているようなイメージで存在しているものになります。

 

ローリングタイプというのは、一見するとボックスタイプと同じように見えるのですが、
底面がまるくえぐれているような感じになっていて、アイスピックタイプのものが広範囲に広がったものともいえます。

 

これら3つのタイプのクレーターに共通するのが、ほとんどがニキビが原因となっているものであるという事なんです。

 

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や汚れなどが、ニキビの原因菌であるアクネ菌に感染することで発生します。
するとアクネ菌に対抗するために免疫機能が働きます。
免疫機能が働くと、その過程で皮膚の真皮の部分にダメージが発生してしまい、ニキビが無くなった後でもそれが傷あととして残ることもあります。

 

そしてこの傷あとを修復しようと、肌の細胞が働くことで、その傷跡が肌表面に押し出されてしまうことがクレーターの正体です。

 

またニキビの傷あとが深いと、それ自体がクレーターになってしまうこともあります。

 

それからニキビが関係していなくても、肌のたるみによる毛穴の開きが進行してしまい、でこぼことなってしまうことも原因のひとつに挙げられます。

 

クレーターのセルフケア

では、このような状態を予防、改善するためにはどうすれば良いかと言うと、まずニキビが原因の場合は、それができないように努めることが必要です。
肌を清潔に保ち、ニキビができやすいと言う人はアクネ菌を殺菌する作用があるスキンケア製品を利用すると良いです。
そしてもし、ニキビができてしまった場合でも、不用意に触ったりしない、ましてや潰したりはしないことも必要です。

 

自然に消えていくのを待ったうえで、消えた後にはその傷あとが残らないように努めることが求められます。
これには、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進させることが必要です。
ただしピーリングはニキビあとには負担になりかねませんから、
たっぷりの潤いを与えること、睡眠をしっかりととって成長ホルモンの分泌を促すようにすると良いです。
そしてその後には、コラーゲンやエラスチンと言った
肌弾力を構成している成分を補充して、傷あとの戻りを促進してやることが必要です。

 

なお、このケアに関しては、肌のたるみが原因の場合にも効果が期待できます。
またビタミンCも、ニキビあと、肌たるみ、どちらにも有効です。
ただし、特にニキビが原因で毛穴にクレーターができている場合、
肌の深くにまでダメージが及んでいることも多いため、
なかなか自宅でのケアでは難しいと言う側面もあります。
ですから、ニキビあとがなかなか治らないと言う場合には、早急に皮膚科などを受診するのも大切なことです。

 

クレーターの治療 クリニック編

クレーターなどのニキビやニキビ跡が原因となっている肌トラブルというのはセルフケアだけで
完全に消えることは難しいと言われています。

 

もちろんスキンケアに関しては、日々進化が進んでいるので現在ではという条件が付きます。
またクレーターの大きさや皮膚の深さなど様々な個人差があるために、できるケアというのもいろいろなものがあります。

 

そんな中でも有効だと言われている美容皮膚科やクリニックのクレーター治療についてみていきましょう。

 

  • レーザー治療
  • ピーリング治療
  • 患部注射治療
  • 光治療
  • 皮膚移植治療

 

美容皮膚科やクリニックのクレーター治療というのには、これらの主な5種類の治療法があるんですね。